ホーム製品情報 > 硬質材料事業

大見出し_硬質.jpg

硬質材料事業

IMG_7890_2.jpg

(写真左)KH材料工場,(写真右)KH加工工場

硬質材料事業は、硬質材料「KH」、表面改質「PH」、金型の3部門から構成されます。
硬質材料「KH」は、東洋鋼鈑(株)研究所で開発された粉末冶金技術により製造される弊社独自の硬質材料で、射出成形機の可塑化部品や製造設備の耐摩部材として使用されています。
表面改質「PH」は、表面状態のきれいな独自の窒化処理や各種PVDコーティング・DLCコーティングを用いた表面改質技術です。用途に合った様々な表面特性を付与することで各種金型・機械部品などの長寿命化や品質向上に貢献しています。
金型部門は、ペットボトルプリフォーム金型製造で培った経験で、高硬度材を高精度で加工する技術を有しています。最新鋭の設備を備え、超精密部品の加工が可能です。

​トピックス

2021年03月29日

ホームページをリニューアルしました。