ギャラリー用アイコン_硬質 のコピー 2.jpg

PHコーティング PVD

pixta_65504347_M.jpg

PHコーティングとは

PVD法に属するイオンプレーティング法、スパッタリング法を使い、様々な機械的特性を持つ被膜を製品に製膜する技術です。

弊社では異なった特徴を持つ被膜がコーティング可能なイオンプレーティング法とスパッタリング法を採用することで使用される用途に応じて様々な被膜のご提案を行っております。

使用用途に応じ、汎用的なCrN(窒化クロム)、TiN(窒化チタン)をはじめとした様々な特性をもった被膜をラインナップしております。特に当社オリジナル被膜である【HPC】シリーズは高硬度・耐酸化性を併せ持ち、且つ厚膜化を可能としたコーティング被膜であり使用環境が特に過酷な金型や機械部品に多く採用されています。

※PVD法(物理的蒸着法):物質を物理的エネルギーによって気相状態にし、吸着-凝集-成長の過程で製品表面に被膜を生成する方法です。

コーティングラインナップ 特性

膜厚については標準膜厚以外でも薄膜・厚膜対応可能ですのでお問い合わせください。

主な適用材質

火炎焼入鋼、鋳鉄品への対応も可能です。(実績多数あり)

鉄鋼材質以外にも超硬合金、非鉄合金への対応可能です。

その他材質の処理可否についてはお問い合わせください。

用途例

硬度比較表

処理一覧

アイコン_PH_PHN のコピー.jpg
アイコン_PH_リコート のコピー.jpg
アイコン_PH_PVD のコピー.jpg
アイコン_PH_複合表面処理 のコピー.jpg
アイコン_PH_DLC のコピー.jpg

関連情報

アイコン_PH_作業イメージ のコピー.jpg
アイコン_PH_用途事例 のコピー.jpg