ホーム新卒採用情報 > 社員の声

​社員の声1

:R.I.
:大島商船高等専門学校
:国内営業
:2013年度

イニシャル

学校名

​業務

入社年度

RI正面写真_切り抜き.jpg
20210203-RI作業①_修正.jpg
RI作業②_修正.jpg

私は、小さい頃から何かをつくる、ものづくりに興味を持っており、色々なものに触れ、何かを組み立てる事が好きな性格でした。
将来はものづくりの会社に就職したいと考え、また地元で働きたいと言う思いもあり、自分の希望にあった就職先を探していました。
そこで鋼鈑工業を見つけました。鋼鈑工業の製品は日常生活では見る事は無い、ニッチな製品が多いですが独自の高い技術力で様々な分野で貢献しており、ここでなら自分のやりたい仕事ができると感じ、鋼鈑工業に就職したいと思いました。
 

なぜ、鋼鈑工業に?

私は機器事業製品の営業活動を行っています。
見積もりから受注、製品によってはお客様の工場に行き、製品の取付、試運転調整を行っております。
営業はお客様と製造現場との間となる立場になる為、それぞれの折衝、また見積り段階での競合他社と競争、様々な調整を行う仕事でもあります。
営業活動だけでは無く、お客様からのトラブル連絡に対応できる知識や技術力が必要な仕事でもありますが、入社当初、配属先は設計部でしたので、その頃に得た技術や知識を生かして仕事をしています。
営業の仕事は、営業マンによって仕事の仕方が異なります。今は経験を積んで、自分なりの仕事の仕方を模索しています。

どんな仕事をしている?

達成感のある仕事です!!
営業は自分から率先して行動し、案件を取ってくる仕事です。仕事の仕方に正解は無く、失敗することもありますが、案件を取れた時の達成感は非常に大きいです。
また、案件が無事終了した際に、お客様から感謝されることもあり、それが次の仕事をする励みにもなっています。
営業エリアは県内外になり、様々な場所に行くことができ、毎回新鮮味を味わうことが出来ます。

仕事はおもしろい?

世の中にはたくさんの企業があり、求人情報も学校の先生やインターネットから簡単に入手することが出来ます。ですが、その情報が本当に全てでしょうか?
先輩、知り合いの社会人、両親など、たくさんの人に仕事の話を直接聞くことも大切だと思います。
働くことについて、リアルな内容を聞く事で就職に対して自分なりの考えをまとめる事ができ、本当にやりたい事を再認識できると思います。
 

学生へのメッセージ
 

:A.H.
:大分県立工科短期大学校
:製品設計
:2014年度

イニシャル

学校名

​業務

入社年度

AH正面写真_切り抜き.jpg
AH作業①_調整.jpg
AH作業②_調整.jpg

私は、プラモデルが好きだったので、そのプラモデルをつくる金型を勉強する為に、短期大学に入学しました。
そのため入学時から将来は金型関係の仕事に就職したいと思っていました。その時、学校の先生から紹介で初めて鋼鈑工業を知りました。
私は当初、金型製作の仕事がしたいと考えていました。しかし、金型の製作にはそれを用いる射出成形機の知識が必要だと感じているところもありました。
その中で鋼鈑工業は金型製作だけでは無く、主力事業として、射出成形機部品を製作している事を知り、より金型の知識を深めることができると感じ、鋼鈑工業に入社を希望しました。

なぜ、鋼鈑工業に?

希望通り、金型関係の仕事をしています。主にCADCAMソフトを用いた金型部品の加工プログラムの作成、お客様から頂いた成形品のデータを基に金型設計をしています。また、工作機械を用いて実際に金型部品を加工して部品を製作し、それらを組み立てる作業もしています。
学生の頃に学んだ、技術や知識を現在の仕事に生かしています。
私は加工プログラムを作成する上で意識している事は作成したプログラムを使用する作業者が安心して使用できるものを提供することです。
その為に、工具選定や加工条件、プログラムの内容を常にチェックしています。

どんな仕事をしている?

やりがいを感じます!!
金型は様々な部品を組み立てて完成されます。そして、その金型を用いて、安定的に成形できることが求められます。
なので、1つでも部品が正しく製作出来ていなければ成形品は不良品となってしまう恐れがあり、小さな部品一つでも、全力で最善を尽くさなければなりません。
そんな全力を尽くした部品で製作した金型の完成した姿を見た時に「つくってやったぞ!!」と言う気持ちになります。
また、お客様の方で成形した製品を手に取って、自分が製作した金型の出来を確認することもあります。
自分が気がかりになっていた箇所や製作が大変だった箇所も、成形品と言う形になって、見ることが出来、いろいろな改善点が出てきます。
その改善点を生かして、次の金型を製作することにおもしろさを感じています。

仕事はおもしろい?

まずは、自分のやりたい事を深く掘り下げると良いと思います。私は金型関係の仕事に就きたいと学生の頃に考えていましたが、金型を製作する中で様々な工程があり、設計や加工、組み立てや成形、その中でも更に多くの仕事が分業化されています。数多くの仕事の中で、何でその仕事に興味を持ったのか、振り返ってみるとおもしろいかもしれませんね。
私の職場では、最新鋭の工作機械を揃えた、「先進加工技術開発ラボ室」を設立し、より高精度の加工が求められる部品を製作しています。興味のある方は工場見学に参加下さい。

学生へのメッセージ

​社員の声2

 

:K.M.
:大島商船高等専門学校
:製品製造
:2018年度

イニシャル

学校名

​業務

入社年度

社員の声 K.M.さんの作業シーン②.JPG

私は、自分から何かを進めることが出来る仕事、高専で学んだ技術を生かせる仕事に就きたいと思っていました。そこで就職先に鋼鈑工業が上がりました。
正直、鋼鈑工業のことをよく知りませんでしたが、安定的に収益を出しているところや、専門分野で高い技術力を誇っていること、若い方が様々な仕事で活躍されていることを知りました。また、就職先を地元にしたいと言う希望もあったので、鋼鈑工業に決めました。

なぜ、鋼鈑工業に?

私は、機器事業で結束機関係の組み立てや試運転調整を行っています。取扱う機械は非常に大きく、組み立てや試運転による動作確認は非常に大変です。私はその中でも主に機械動作にとって、とても重要なセンサー部分の調整や動作プログラム(PLC制御)の書き換えを行っています。センサー調整では、調整に失敗すると正常な動作をせず、機械の破損に繋がる非常に責任感のある仕事です。また、動作プログラムの書き換えでは、プログラムの修正を行い、お客様のニーズにお応えするやりがいのある仕事です。
初めは分からないことばかりでしたが、上司、先輩や同僚の方に教えてもらい、今では様々な事ができるようになりました。

どんな仕事をしている?

おもしろいです!!
私の仕事は、機械を正しく動かすことが求められており、その動きになるようにセンサー調整やプログラムの書き換えを行っています。なかなか自分のイメージ通りに動作しないこともありますが、数多くの調整を行うことで、正常に動作することが出来た時に私は、「この仕事おもしろ!!」と思いました。

また、私はお客様の工場で製品の試運転調整を行うことが多いので、様々な地方への出張が多いです。
直接お客様にお会いし、操作方法やメンテナンス方法を説明する場面が多数ありますが、その際に言われる感謝の言葉を聞くと、仕事のやりがいや達成感を味わうことができ、仕事が楽しく感じます。
作業もですが、様々な地方に行くことが出来るのも、この仕事のおもしろさかなとも思います。

仕事はおもしろい?

私自身、就職活動をする際は、給与や休日、福利厚生やネームバリューで就職先を決めようとしていました。
そうすると、自然と大手企業が視野に入ってきましたが、自分の将来をちょっとだけ真剣に考えてみると、「高専を卒業したんだから、自分の技術を生かせる仕事をしたい」や「人数の多い大手企業の中で仕事をするより、自分から何か進める事ができる環境で仕事をしてみたい」といった考えが生まれました。
鋼鈑工業はネームバリューのある大きな会社ではないですが、自分が学んだ技術を活かせるところや自分から進んで仕事ができる環境であることから、自分にあった会社だと感じています。
自分が将来、何がやりたいかは直ぐに見つからないと思いますが、ちょっとでも気になることややってみたいと思うことがあれば、それが出来る環境を探して、そこに就職してみるのも良いかもしれません。

学生へのメッセージ

​社員の声3