ホーム製品情報硬質材料事業硬質材料KH > 硬質材料KHとは

鋼鈑工業HP_02_硬質材料KHとは01.jpg

硬質材料「KH」は、東洋鋼鈑(株)技術研究所で開発された粉末冶金技術により製造される弊社独自の硬質材料です。
下図のように、複ホウ化物のセラミックス粒子からなる硬質相と、ステンレス相当の金属からなる結合相で構成されるサーメット系の硬質材料です。
高い硬度により、耐摩耗性に優れると共に、高い耐腐食性を合わせ持つという優れた特徴を持っています。

鋼鈑工業HP_04_硬質材料KHとは.jpg
鋼鈑工業HP_02_硬質材料KHとは02.jpg

また、金属結合相の特性を利用し、結合相が鋼材に拡散して接合する拡散接合が可能です。これにより、ろう材を使用せず、強固な接合ができるという優れた特性を持っています。

鋼材との拡散接合組織写真

硬質材料の製法

鋼のように熱処理で硬くするのではなく、金属粉末を次の工程で加工し焼結することにより、硬質セラミックスを生成させて硬化します。

原料粉 → 粉砕・混合・乾燥 → 圧粉成形 → 圧粉体加工 → 真空焼結 → 研削等の仕上げ加工 → 製品

帯鋼事業トップページ
機器事業トップページ
硬質材料事業トップページ
電子材料事業トップページ
1/1
1/1