ホーム製品情報硬質材料事業 > 硬質材料KH > 射出成型機部品

ギャラリー用アイコン_硬質 のコピー.jpg

射出成型機部品

KH成形機部品は摩耗・腐食に強く最高グレードの超耐食耐摩部品(シリンダ、スクリュ、三点部品、ノズル)として、早期摩耗や早期腐食でお困りのお客様の課題を解決致します。
近年では製品の軽量化や小型化を目的に、材料を金属からプラスチックに転換する動きが加速しています。このようなプラスチックは、成形温度が高く、腐食性が強い性質があります。また強度UPのため無機質フィラーを多く含むため成形機部品を摩耗させています。

KH部品の紹介

KHシリンダ
KHシリンダ

KHで製作した厚さ4mmのスリーブを鋼材(SCM440)に焼嵌めて製造します。4mmの硬質層は他社製品と比較しても非常に厚く、GF入り樹脂などによる摩耗や過酷な条件での成形で耐摩耗性を発揮します。また、焼嵌め方式は、外から内に締め付けようとする力が働くことから、内側からの圧力に強く、高速高圧成形などの射出圧が高い成形に適しております。

KHスクリュ
KHスクリュ

SCM440の芯金にKHを焼結接合させることで、表面だけではなくスクリュフライト全体が硬質層となります。そのため、プラスチックマグネットなど早期にフライトを摩耗させてしまう材料やハロゲンフリー樹脂などの鋼材を腐食させてしまう材料に適しております。

KH三点部品
KH三点部品

スクリュヘッドは、リングと摺動する一番摩耗する部分にKHを接合する弊社独自の技術です。リングは、耐摩耗性が高いKHにより外径の早期摩耗を解消することができます。

KHノズル
KHノズル

ノズル先端にKHを接合することで、ノズル内径の摩耗を防ぎます。ノズル先端内径の摩耗は糸引きやハナタレの原因になります。

KH部品が必要な理由

KH部品をご推奨するお客様

  • プラマグ・エンプラ(PA46、4T、6T、9T)・スーパーエンプラ(PPS、LCP、PEEK等)を成形されるお客様。

  • 強化材として、GF、CF、ミネラル等を30%以上添加した樹脂材料を成形されるお客様。

  • スクリュ、シリンダ、三点部品等の可塑化部品を短期間で交換されるお客様。

帯鋼事業トップページ
機器事業トップページ
硬質材料事業トップページ
電子材料事業トップページ
1/1
1/1